八重山諸島への旅

八重山のきれいな海にて

5月17日(火)〜24日(火) 山旅人ツアーで沖縄・八重山諸島へ行ってきました。
石垣島ベースで、与那国島、波照間島、西表島と4島巡り〜。
メンバー5名です。
ん?国内旅行で8日間??
長っ!

と思いますよねー。私も思います(笑)
でも行ってみると8日間では、八重山諸島への旅は8日間では足りなーい!でした。
八重山諸島全島は無理としても、竹富島とか小浜島まで足を延ばそうとするとあと1〜2日は必要だったなー。

では、八重山諸島の大自然とハイキングの旅を写真でご覧下さい!

1日目:関西空港から直行便にて石垣島へ。

関西空港からピーチ航空が直行便出ています。
石垣島到着して、ホテルチェックインして夕食はいきなり〜ステーキ食べました!
そして、南の島の楽しみは、星空観測!

2日目:与那国島1泊2日小旅行

日本最西端の島・与那国島へ1泊2日の小旅行。
リスクだらけの日程に挑みました!
①与那国島へのフライトは欠航率高い
条件付きフライトや欠航率の高い路線です。飛んで当たり前ではなく、揺れて当たり前、着いてラッキーな島なのです。そして予定通り石垣島へ帰れるかも・・・・。
リスク回避:旅の最初に予定することで。日程の入れ替えまたは一日遅れてもどうにか後のスケジュールを変更させる。まー2〜3日飛ばないと言われたら諦めるしかないけど(笑)

②海底遺跡への半潜水船も欠航率高い
天気良くても、南風や海のシケによってよく出港しない。
リスク回避:2日間で3回のチャンスがある(1日目:12時便、2日目:9時便、12時便)
まーその3回ともダメなら来年出直しだ!

与那国島・海底遺跡

海底遺跡〜見れました!
ちょっとした階段状のポイント見れました?宮殿後のような長めの階段のところもあったのですが、自分の窓からしか見えないのと、窓ガラスにピントが合ってしまったりでした。
実際に見えた時は感動です。まー動画だとなんとなーくの雰囲気は感じてもらえたかと思います。

午後は、比川地区の散策をしました。
ドクターコトーのロケ地「志木那島診療所」や与那国島海塩工場、比川浜、比川地区共同売店など立ち寄りました。
八重山そばも美味しかったが、売店で食べたシークワーサーアイスも美味しかったなー。

3日目:与那国島・宇良部岳

今日は、与那国島一周&島最高峰でもあり島100選の宇良部岳登山を楽しみます。
まずは、エメラルド色したなんた浜や4畳半ビーチ、DIDI交流館にて歴史など学びました。
昼食は、鴨八重山そば!
共同売店ではコモパン売っていました!絶壁の絶景地・ティンダバナ天然展望台を歩き、お墓にお金をかける沖縄ならではのテーマパークの入り口のような1億円のお墓、東崎灯台まで歩き強風に煽られ与那国馬にも出会え、軍艦岩や立神岩を展望し、沖縄ならではのパイナップルのようなアダンの実や月桃の花も見れました。
雨の中、宇良部岳登るというとドライバーが「嘘でしょ?」とびっくり(笑)しながら、これ帰ったらみんなにクレイジーな人たちがいたと話そう〜と笑いながら連れて行ってくれました。雨のおかげでヤエヤマイシガメにあちこちで会いました。
そして〜日本最西端の島の西の端にやってきました!
ついでに日本最後の夕日が見える丘にも立ち寄り。日の入り予定時刻は19時25分。
石垣島へ戻る飛行機の時間が18時50分。天気曇りのち雨。いづれにしても無理だ(笑)
と諦め空港へ。

空港に着くと、1本の電話が・・・・・”安栄観光フェリー” からでした。
高千穂:「はい」「はいそうです」「え?あらら〜そうなんですね」「うーん、ちょっと待って下さい」「えーと、じゃー23日に変更でお願いできますか?」「OK?はい、ありがとうございます」

与那国空港で手荷物検査を終え、ゲートにて待機していると大雨〜!
アナウンスで石垣島も大雨。石垣島からの飛行機は遅延&条件付きフライトなため着陸できない場合は飛行機は石垣島へ引き返してします。「皆様のご理解とご承知のほど、よろしくお願いします」
え〜!!!!!飛び立って雨降ってよー。(自分勝手)
とりあえず、待つ。待つ。雨は波打って激しくなる。あちゃー最悪。
プロペラ飛行機は有視界飛行なので、視界がガスってしまうのは一番ダメなことじゃない?
航空会社やパイロットにしてみれば、毎日あるフライトで1日何便もあるうちの1便だもんなー。願ったところでねー。
搭乗口にて待機中の乗客たちの会話が徐々に無くなっていき皆下を向いていた。
願っても無理なら寝るしかない。

・・・・・・・・・・・・・。
あっ!着いた!と誰かの声でみな顔をあげる!
キタ〜〜!♪───O(≧∇≦)O────♪

雨は止まないが、搭乗開始。
ありがとうございます。
結局30分以上遅延しましたが、フライトキャンセルに比べたら全然大したことな〜い!(笑)
リスク回避:神社は参拝しておくものだ(笑)

石垣島のホテルにチェックインしてすぐさま夕食へ。
今日は「鮨ん人(すしんちゅ)」で八重山ならではの熱帯魚を含むお寿司いただきました!

4日目:波照間島 於茂登岳登山 

本日、波照間島へ行く予定でしたが、止めて23日に予定していた於茂登岳登山に日程変更。
昨晩の電話で「海上は高波予報、朝イチ便は出港するかもですが、帰りの便は欠航となりそうです(いずれも明朝に決定となります)それでも行きますか?」の連絡でした。予報では、波照間島は雨。観光地では雨宿りするところもほぼなく、帰りの便が出ないかもと言われるとねー。行く決断はできないよなー。まー予定変更なので波照間島へ行けなくなったわけではありません。23日の天気や海上の状況次第にはなりますが一旦そこはベターチェンジということで良しとしましょう。
リスク回避:危険なところは先に訪問予定。スワップできる日程を組む。
リスク回避が作動しない、色々考えすぎたよなーと取り越し苦労で終わった方が一番良いんですけどねー。

さてラッキーなのはもう一つ、ドライバーの高島さんの予定が本日空いていてよかった。予約は23日だったので。
他のドライバーでも良いじゃん?まー最悪そうですが、この高島さんは於茂登岳の奥の奥の登山口まで車で突っ込んでくれるんですよ(笑)あはは。
問題が全て解決したわけではありません。波照間島が雨ということは石垣島も雨予報(泣)。
ここは、他の日に変更できないのでノーチョイスです。行くしかありません。5月とはいえ初夏のような気候の八重山諸島なので、少しは涼しく登れるかな。

前半は、雨は降られずラッキー。ただ湿度100%じゃない?っていうぐらい蒸し蒸ししていたので、雨は降っていませんでしたが、雨に打たれたぐらい汗でびっしょりでした。
で、豪雨に打たれ汗のびっしょりは雨に打たれたびっしょりよりマシだったとわかりました(笑)
沖縄県最高峰・於茂登岳全員登頂!!!!!

後半へ続く
↓↓

八重山諸島への旅 後半
fbt5月17日(火)〜24日(火) 山旅人ツアーで沖縄・八重山諸島へ行ってきました。石垣島ベースで、与那国島、波照間島、西表島と4島巡り〜。前半4日間はこちらをご覧下さい。↓↓5日目:西表島へ1泊2日の小旅行...

高千穂ガイドブログ