TO THE BOTTOM OF GRAND CANYON! 〜Trail to Havasupai.

朝の3時30分ホテル出発です。

ねむーい。

あたりは真っ暗で、夜空には星が煌いています。
デジカメでも撮れたってことはかなりな明るさ。
宵の明星だなー。
1時間ちょいほど車を走らせ、ハバストレイル入口の駐車場へ。

グランドキャニオントレッキングスタート

Hill top

4時40分 ハバストレイル入口のヒルトップ(丘の上)に到着。
うっすら明るくなってきました。
が、まだヘッドランプは必要。

トイレを済ませ出発。
太陽の日が峡谷の底に差し込む前の涼しい時間帯までに、ハバスパイ村に到着したいなー。

さて、グランドキャニオントレッキングは通常の登山とは違い、注意が必要です。
行ったは良いが帰れない!ということが毎年起こっているとのことです!
通常の山登りやトレッキングは、最初の元気があるうちに登る。仮に登りで疲れ果てても下山はトボトボ降りればどうにか降りれる。
また、登り途中でもし疲れたり、バテたらそこから引き返せばいい。

がっ!

このグランドキャニオントレッキングは、元気がある最初に下りだからガンガン降りれちゃう!

そして帰りは、バテようが何しようがとにかく登らないことには帰りつけない!元気あるうち下って、体力や元気がなくなっての登りは確かに辛い。

まー通常山登りとかしている人は全く問題ないだろうが、日頃歩いてない一般人は大変だ。

さー夢のトレイル・グランドキャニオンの底へGO!

havasupai trail in Grand Canyon

私たち登山者は、歩いて下りるが普通。
でも、週4日は物資やゴミの運搬用に使われているヘリコプターでの上下(月・木・金・日)も出来るみたいです。
10時ぐらいから開始で、予約はいるけど時間の予約は出来ない。
1物資優先、2村人優先、そして3観光客。並んだ順。
2〜3時間待ちはザラみたい。

ロッジに全く砂埃がついてないキレイな靴の人たちいたら、ヘリ組です(笑)こんな暑い時期はそれもありだな〜。

あと、ラバ(ロバと馬)に乗ったり、荷物だけ預けての上下もOK。
ただ、ラバ隊が下から上がってくるのが9時か10時って言っていたから超暑い中行くこととなる。
んー考えもんだ。
深夜や未明から歩いたほうがいいような。

Grand canyon trekking

Havasu trail

肌寒いくらい。

グランドキャニオンの底

Grand Canyon Trekking

どんどん下ります。
あたりは明るくなってきた。
でも、まだ日ノ出前だから暑くはない。

グランドキャニオンの底

Havasu Trail

グランドキャニオンの上の部分に太陽が当たってきた!
めっちゃキレイ!
世界の絶景。
世界の秘境。
大パノラマ。
みんなの知らない世界。
こんなグランドキャニオンの底に降りれるなんて思ってもいなかったからなー。
大感激。
パノラマでもこの景色は入らない!

 

グランドキャニオンの底

グランドキャニオンのこの深さ〜。

Bottom of Grand Canyon

グランドキャノンの底

グランドキャニオンの底ってこんなとこです。
まー渓谷の底ってことでなんとなくこの景色はイメージついているでしょ?
しかーし!もっと奥へ奥へ進むとびっくり〜!

まぢかー!!!!!
(マジか〜よりビビっている(笑))

グランドキャニオンの底を流れる川

めっちゃキレイな水が流れている。
地下からの湧き水らしい。

Bottom of Grand Canyon

グランドキャニオンの底から上を見上げる

いろんな説があるが、約40億年前から侵食が始まり、川がこの大地を削っていったってすごいことだなー。
見上げるとたしかに刻みやラインが見える。
へー凄いなー。
まさに地球の歴史の中にいるんだー。

 

歩くこと4時間ちょい!
HAVASUPAI Villageに到着。

HAVASUPAI Village

ハバスパイ村=キレイな
ホントにこんなグランドキャニオンの底に人々が住んでいるんだー。これまた驚き〜。
すごすぎー

Havasupai village

9時すぎ。
かなり暑い〜。
ここに生活している人たちはマジすごい。
標高0mより100m標高が上がるにつれ0.6度気温が下がる。
逆に標高が100m下がるにつれ0.6度気温が上がる。

ヒルトップで日中40度。
500〜600m降りたこの底だと、日中43度?
マジか〜。
日なたに出たら危険!

Havasupai Village

ハバス教会、レアな教会、グランドキャニオンの底に教会

Church at the bottom of Grand canyon.

村の入口に検問所の様に村役場がある。
その先には小さい商店、レストラン、学校がある!

奥に奥に進むと、教会があって、そして

Havasupai Lodge

村の外れにLODGEがありました。

ここが唯一の外部の人が泊まれる宿泊施設。
ハバスパイロッジです。
部屋数は24部屋。
予約の取れないロッジ!
今回は、4部屋の連泊が取れました!
ホントにラッキ〜!

ブライアンが、予約電話通じるのに何年掛かったか(汗)
Thank you Bryan!

巨大ダブルバーガー

Jumbo Double Burger

チェックインは14時以降なのでとりあえず、荷物を置いて、ランチへ。
ロッジでは食事提供なし!
村に唯一のレストラン?へ。

インディアンタコスチーズバーガーを食べました。
めちゃデカイ!
揚げパンにダブルバーガー!

BIG MAC顔負けのボリューム!

Havasupai Lodge

14時前にロッジに戻ると、もうチェックインが始まっていた。
みんな嬉しそう!
なかなか泊まれない場所ですからねー。

ハバスパイロッジ

Twin Beds Room of Havasupai Lodge

ハバスパイロッジの部屋は比較的広い!
さすがアメリカ!
ロッジというか普通のホテルみたい〜!

ちょっと休憩して、各自水着に着替えて、サンダルとタオル持って今日はナバホの滝へ。

グランドキャニオンの底にこんな地があるって!
みんなが人が知らない世界!
マツコの知らない世界!じゃないけどー。
「へ〜そんなとこがあるんだ〜。私行きたいとは思わないけど〜」とかマツコ言いそう(笑)

突如現れるめっちゃくちゃキレイな川。

その奥には滝があります。
けっこう迫力有って立派な滝さにびっくり!!!!!!

ナバホの滝 グランドキャニオン

NAVAJO FALLS

ナバホの滝。
すごくない?
ここは荒涼とした地グランドキャニオンなのに、こんなに水が豊富でしかも赤く濁っているわけでなく、めっちゃキレイな色。
しかもバリバリ冷たい!!!!
どこからどう流れ込んでいるのかマジ不思議。
ヒルトップから歩いて降りてくる間、水っ気のない砂埃立ちまくりの地を降りてきて、底についても永遠荒涼とした赤土の地を歩いてここまで来たのに、突如こんな所があるなんて!

ナホバの滝

ブライアンはどこだ〜!(簡単編)

NAVAHO FALLS

ナバホの滝はもう一段ありましたー!!!
素晴らしい〜!!!!!

ここで驚いて感動していたら、連泊中の人たちが来て、ここは序の口で明日行くハバス滝はもっとすごいぞ!

気温40度

気温40度。
みんなで水浴び〜。
川の流れ早すぎ〜。
流されないように〜(*_*)

高所恐怖症でなく、往復6時間ぐらい歩ける人ならさらに奥のムーニー滝へ行くとさらにさらにすごい滝が見れるというではないですか〜!
マジか〜!!
やべー!
超楽しみ〜!

まー暑いわ!
真っ白だった手が、真っ黒〜。

ロッジへ帰ります。


夕食は、またここのお店へ。

ナチョスやタコス、バーガー、ピザなどなど。

ファーストフード店メニューやジャンクフード大好き(笑)

明日が楽しみだ〜。
部屋には冷房があった!
完璧やなー。

高千穂ガイドブログ