デナリ夜登山! Denali Expedition 2017 Day19(6/17デナリC4 〜 6/18デナリC2)

日が昇って光がさしてきて、起床。

朝は、アマノフーズの牛とじ丼とアルファー米。
&スープ。

昨晩も少し降りました。

WEATHER
6月17日(土曜)

キャンプ4(14,000ft/4330m)
TODAY:雪6〜12インチ(15cm〜30cm)
今日も降るんか〜い!
風:南西の風15MPH(風速6m)

気温書かれてない!抜けてる(笑)
Tomorrow:晴れときどき雪

そして気になるC5の天気

最高気温が、華氏マイナス13(摂氏マイナス21ぐらい(T0T))

Highって書いてあるもんなー、うぁー寒~つ。

気温と標高の法則では、100m上がる毎に気温は0.6度下がる。

デナリC5とデナリ山頂で約1000mの標高差あるから、気温と標高の法則を当てはめて予測するとデナリ山頂の気温は、最高でマイナス27~28度。最低はマイナス30度超えで下手すりゃーマイナス40。さらに風なんか吹かれたら~マイナス40度以下?

すごすぎる。

OUTLOOKは、今日が土曜日で火曜日まで雪降る可能性あり。

21日水曜から晴れる。

そのころはもう山を降りていたいが。

まぁ天候が回復傾向なら、ベースキャンプからタルキートナーへのAir Taxiも大丈夫だろう。

○気温:米国/℃(華氏)、日本/℃(摂氏)
ざっくり計算(華氏)ー30 ÷ 2 =(摂氏)
正確計算:(華氏)ー32 ÷ 2 x 1.1 =(摂氏)
○風速:米国/MPH(時速)、日本/m/s(秒速)
MPHx0.44=m/s(秒速)
※風速についての説明は下記に!
○長さ:米国/Inch(インチ)、日本/cm
1inch=2.54cm

🍃≈風速についてin日本🌀
静穏 – 風速0.3m/s未満の風
3〜5m/s(軟風)木の葉や細かい小枝がたえず動く。軽く旗が開く
5〜8m/s(和風)砂埃がたち、紙片が舞い上がる。小枝が動く
10〜15m/s(やや強風 )大枝が動く。電線揺れる。傘はさしにくく風に向かって歩きにくい。
※10m/s(23MPH)傘無理
※15m/s(35MPH)歩行難
17〜20m/s(強風)小枝が折れる。風に向かっては歩けない。
※17m/s(40MPH)歩行不可、禁テント外出
20m〜25m/s(暴風域)人家にわずかの損害がおこる。煙突が倒れ、瓦がはがれる。
30m/s以上(台風🌀)

プラスチックのソリ

ロープでブレーキを前と後ろに設置!

ご近所のみなさん

USA Trio
左黒:Weston L Andersen、左2青:Cory Frankovich、右2眼鏡:Skip Voogd。

Team Indonesianは、2人ともオレンジシャツ。
※チームインドネシアは合計5名いましたが、3人が重度の凍傷になりヘリで下山しました。

そして我らの中央左黒:MR.Rafael。

※また、1日違いでデナリ山へアタックしていたネパール3人組の一番若い1人が亡くなったとNEWSが入りました。

驚きとショックです。
何ごともないことが普通ではなく、ここデナリでは何事もないことは簡単ではないと痛感しました。


さーぁ!→C3→C2へ降りる準備をしながら行動用のお湯も沸かしています。


カルフォルニアからって言ってたっけ?
ドレッドヘアーのスキーヤーです。
彼も同じ日に登頂しており、今日降りたいけど、めっちゃめちゃ食料や燃料が残っていて、どのテント訪れても欲しがってくれないと嘆いていました。
なので、隣のテントの林孝治さん率いる大阪労山に声をかけ物色してもらいました。

結局彼は大量な食料を持っておりることに。
それもまた大変。

林孝治さんとツーショット。
昨日キャンプ4に上がって来たばかりとのこと。
お気をつけて!
数年前は北アルプスの太郎平から折立間でお会いし、今回はこんなデナリの山奥で(笑)
またどこかでお会いできること楽しみにしています。


メンバー記念写真!

夜20時すぎ、デナリキャンプ4を出発です。
ラジオの天気予報のMCレンジャーの助言どおり。

準備していたらどんどんガスってきた。そして寒い。


白夜バンザイ!
ガスが晴れて。
好きな一枚。
なんか天国っぽいと思ってパシャリ!

前の人のソリを後ろからテンション掛けながら下る。
荷物の重さが半端ないからグイグイ引っ張られる。雪は緩んで滑りやすいし、下っているとはいえ、腹式呼吸は不可欠。
Windy Cornerは風はなくてよかった。


登りを思い出しながら懐かしく下っています。
ここを登ったのは、もう10日以上前になるんですよねー。


けっこう急な登りだったもんなー。
荷物なきゃーガーガーって下れるんだろうが、荷物有れば下りもかなり大変。


写真だけ見ると、キレイな雪山を楽しそうに歩いている。
全然大変そうに見えないですよね。


ドンドンいくぞー!

太陽が反対側の山に隠れはじめた。
日陰部分は、これから寒い夜が続きます。

深夜1:30にC3到着。
キャッシュしていった荷物を掘り起こしてソリに積み、ザックにねじ込みます。

すでにみんな荷物いっぱいだけど、上積み上積みで細挽きでソリにしばってGO!

3:25にキャンプ3を出発。

ガスって風吹いて寒さとの戦いの中あるき出します。
めざせキャンプ2。

朝の9時にC2に到着。
テント張って、マットやシュラフ出して今日はここで宿泊です。

風が強くなってる。

山行:
C4(20:15発)・・・C3(1:30/3:25)・・・C2(5:00着)
約7時間+2時間の行動。

いやー下りとはいえ、疲れた。

おやすみなさい。

デナリ登山ブログ