天気良ければ雪が緩んで歩きにくい。Denali Expedition 2017 Day4(デナリC1(7800ft)~デナリC2デポ(9600ft)〜デナリC1泊)

おはようございます。
はい、朝からキレイな雪探しして、お湯作り。

一人2L 以上x5人分+コーヒーやスープ分のお湯を作るので、軽く1時間近くかかる。

前のパーティーがこんな素晴らしいテーブルと椅子を作ってくれていましたので利用させてもらっています(笑)

今日も朝食は、パンとチーズ、サラミです。

ここC1からデポ分の荷物を持ってC2へ登り、デポ荷物を埋めてC1へ戻って来ます。
水分は行動用として2L。
※途中雪を入れて溶かして水増ししました。

荷物は昨日同様、比較的軽め〜。
と言っても30kg以上はあるけど(笑)

今日も、焼かない!装備!完璧〜!

さて、今日の動画

デナリ登山 デナリキャンプ2へデポの荷物運ぶ

自撮り慣れしていないから、今日が何日目か間違ってる。
ホントは4日目です〜!

デナリ主峰!山頂は奥です。

氷河の崩れ具合、クレバス具合がすごい。

C1を振り返る。
どこまでも続く氷河。マジすごいぞアラスカ!

ランチは、グラノーラ、ナッツとおかきMIX食べました。

 

※C2のテン場は緩やかな登りから右への急登が始まってすぐぐらいの場所。
今日はだれもC2辺りにテントがなかった。
C2はC1やC3と違って、ココっていう場が定まってないみたいで、跡地も点在していたので分かりづらかった〜。
ちょっと登りすぎた所でデポ。
荷物を埋めます。

デポ品
登頂用のギア&C3より先分の食料。
(バラクラバ、knit帽子、厚手ダウン上下、フリース繋ぎ、ウール厚手シャツ、ダウングローブ、オーバーグローブ、オーバーシューズ、厚手ウールソックス、通常食料と非常食10食、ゴーグル、アイゼン、※スノーシュー)


デポ場所は覚えやすい大きなクレバスの隣。
ちと危ない気もするけど1日〜2日は大丈夫でしょう(笑)


C1への帰りは空のザックと、ピッケルや脱いだジャケットをソリに載せて、ソリを前に持ってきて軽々下山。

ただ〜!
◎今日の反省点
今日も終日晴天!
朝は雪が絞まっていて、固くて歩きやすかったが、デポしての帰り道は、雪が溶けて緩みすぎてて、足がズボズボ取られた。
天気の良い夕方の下りは、スノーシュー履いて降りるべき。
しかしデポとして埋めて来てしまった〜(泣)
ズボズボ足が取られて、余計疲れた。

 

夕食は、缶チキン&豆入り中東ライス+粉ポテト。
中東ライスとチキンがナイスマッチ!美味しかった。

さて、何時に撮った写真でしょう?
↓↓

ほぼ24時。深夜ですがこんなに明るい。

歩行:登り5時間+下り2時間
C1(11:45発)・・・C2(1620着/1840発)2900m・・・C1(2040着)2400m

 

デナリ登山ブログ