超美味しいドリップコーヒーの入れ方!

今日は、コーヒーの話です。
山でのコーヒーの飲み方も変わってきましたね。
インスタントコーヒーを山で飲めば美味しいですが、ドリップコーヒーだと格別な旨味!また、豆やフィルター持参して淹れたコーヒーは最高に美味しい!

そのドリップですが、1杯当たり何グラムのコーヒー豆で何mlのお湯が最適なのかなどカフェ店なども検証しました!

皆さん、トリップパックコーヒー1杯分をそのまま1袋1杯入れていませんか?

1袋で1杯が普通の淹れ方ですが、なんとこうすれば濃くて美味しいドリップコーヒーが作れます。
ぜひ見てみてください↓

ドリップコーヒーの淹れかた動画

ドリップ後2杯に分けて、お湯を足して薄めても、とても濃くて美味しいコーヒーが飲めますよ!
逆に、ドリップのままだと濃いすぎるので薄めてご自分の味をつくって見てください。
コーヒーのプロが、1杯だけ淹れるより、粉を2倍にして2杯分抽出した方が安定した味わいになると言っていました。
間違いない!味わい深し〜!
うっめ〜!!!

ドリップコーヒーを追求!

市販のドリップコーヒー用のドリップパックは1パックに7gってのが多いですね。ちょっとお値段安いの見つけた!と表記は6g、逆にちょっとお値段高めのものは8gってのもありました。おすすめはやっぱいりこの8gです。

1杯当たりコーヒー豆は何グラムが良いの?

一般の有名なチェーンのカフェ店は、コーヒー1杯分に対して
・コーヒー豆/粉10g・お湯は150~200cc
だそうです。

コーヒーメーカーで作るコーヒーは?

コーヒー3杯分に対して、コーヒー豆/粉30g、お湯310〜350ml
コーヒー4杯分に対して、コーヒー豆/粉48g、お湯500〜550ml

コーヒー10gとは?

大さじスプーンで4杯分。
もっと詳しく言うと、コーヒー豆:65粒〜70粒。

1杯淹れるより2杯淹れたほうが安定した旨さがあるとのこと、ぜひやってみて下さい。

高千穂ガイドブログ